それぞれをそのままに
Coffee as it is
カップに注がれる一杯のコーヒーは、たとえ見た目は同じでも、豆の品種や産地、生産者、ロースターなどの違いによって、同じ飲み物とは思えないほど、香りや味わいが異なります。
ナッツ、マンゴー、ベリー、ローズ ― これらはすべて、スペシャルティコーヒーの味わいを表す言葉。ソムリエが多彩な言葉でその特徴を表現するワインのように、スペシャルティコーヒーの味や香りもまた、驚くほど多彩で複雑です。
それぞれの豆が持つ個性が、そのままに引き出されたコーヒーは、花のような香りやトロッとした甘み、爽やかな果実感ある後味などが感じられます。苦味や酸味、渋みを味わうことだけが、コーヒーの楽しみ方ではないことに気づかせてくれるはずです。
私たちがつくるフィルターの役割は、それぞれの豆が持つ本来の味や香り、コク、深み、複雑さをなるべく変化させず、そのままに引き出すこと。
それぞれを そのままに
coresは、コーヒーを愛する人たちそれぞれに、スペシャルティコーヒーの多彩な個性をそのままに伝える、コーヒーツールブランドです。

スペシャルティコーヒーの最適解
豆の「個性」を最大限引き出すために

スペシャルティコーヒーの最適解
豆の「個性」を最大限引き出すために
コーヒーの多彩な個性を引き立て、豊かなコーヒー体験を提供したい。こうした思いのもと、丸山健太郎さん率いる丸山珈琲と共同開発した金属フィルターのコンセプトは、「それぞれのコーヒー豆の特徴を、最大限に引き出すこと」でした。
スペシャルティコーヒーの個性は、オイルに多く含まれます。
そのオイルをできるだけカットせず、変化もさせず、スピーディーに抽出することにこだわり、フィルターの素材やメッシュの形状、サイズが異なる60種類以上もの試作を通じて何度も検証を重ねました。
そして、数年に及ぶ開発の末に、純金こそがスペシャルティコーヒーの最適解であるという結論に至りました。
ゴールドフィルターは、ペーパーフィルターに比べてオイル分が多く抽出されるため、スペシャルティコーヒー特有の爽やかな酸味やフルーティーな味わいがダイレクトに味わえます。
また、コストやゴミの軽減につながり、経済的で環境にも優しいアイテムです。
作り手と共に歩むブランドとして
良い豆は、良い生産者なくしては
生まれない

作り手と共に歩むブランドとして
良い豆は、良い生産者なくしては
生まれない
生産者やロースター、作り手に寄り添うコーヒーツールブランドでありたい。
そう考える私たちは世界各地のコーヒー農園に、シングルカップゴールドフィルターを配布する活動をスタートしました。
新興国の小規模農園などには、自分たちが栽培した豆が、どのように飲まれているのかを知らない生産者も少なくありません。豆本来の美味しさをスピーディーに引き出せるゴールドフィルターを通して、一人でも多くの作り手に、美味しいコーヒーを経験してもらいたいというのが、私たちの思いです。
coresは生産者を応援し、ともに成長していける関係を築いていくことで、作り手からも信頼されるブランドでありたいと考えています。

スペシャルティコーヒーとは?
豆の品種が同じでも、産地や農園が違えば、香味は大きく変わります。そんなコーヒーの多様性を最も感じられるのが、スペシャルティコーヒーです。
Cup quality(品質)、Traceability(追跡可能性)、Sustainability(持続可能性)の観点から、品質管理が徹底されたスペシャルティコーヒーは、数多く取引されるコーヒー豆の中でもごく一部に限られた、希少で高品質なコーヒーです。
About Our Logo Mark
コーヒーを丁寧に淹れる行為を
象徴化したロゴマーク
「cores」と「COFFEE」の頭文字「C」と「O」の形をモチーフにしたcoresのロゴは、ハンドリップでお湯を注ぐ際の”の”の字の軌道を表しています。
ハンドリップの基本的なテクニックを、コーヒーの文化の「こだわり」としてシンボライズすることで、本格コーヒーツールブランドとしてのアイデンティティを表現しています。
cores inside
様々なブランドに愛される、
コレスゴールドフィルター
coresのゴールドフィルターで引き出される豆のうまみを、より多くの人に味わってほしい。coresのゴールドフィルターはRussell Hobbsのコーヒーメーカーをはじめとして、様々なブランドに採用されています。coresのゴールドフィルターも採用もしくはコラボレーション等のご要望がありましたら、パートナーとして私たちは喜んで製品開発にご協力いたします。
Online Shop
「今よりちょっとハッピーに、
今よりちょっと快適になる」
coresの商品をお買い求めのお客様はこちらで商品のご購入ができます。