Page
1
2
3

金属製フィルターなら
コーヒーオイルが多く
抽出されるので、
豊かなコーヒーフレーバーが
感じられます。

まず、コーヒーフィルターを開発するにあたり、こだわった点は何でしょうか?
『金属製のフィルターであること』です。金属製フィルターならコーヒーオイルが多く抽出されるので、豊かなコーヒーフレーバーが感じられます。スペシャルティコーヒーなら、特有の爽やかな酸味も味わえます。

言葉に表すなら
『柔らかく、シルキーで
うぶ毛や高級羽毛のように軽くて、
質感が良い印象』です。

『coresゴールドフィルター』で抽出したコーヒーの特徴について、具体的に言葉で表すならばどのような味わいでしょうか?
同じ金属でもステンレスフィルターとゴールドフィルターとでは抽出したコーヒーの味わいや印象が異なります。coresゴールドフィルターで抽出したコーヒーの質感や印象は言葉に表すなら『柔らかく、シルキーでうぶ毛や高級羽毛のように軽くて、質感が良い印象』です。また、口に入れた時に、どこまでも口の中で広がるような味わいで、私にとってとても好ましい味が抽出できるフィルターですね。
最初に発売したのは『ゴールドフィルター C240』と『ゴールドフィルター C280』でした。これらの商品価格は3,000円と3,500円、サイズは1~5杯、1~10杯分となりますが、価格やサイズ感についてはいかがでしょうか?
価格が少し高いかな?と感じる方はいるかもしれませんが、素材がゴールドなので必然的に価格が高くなってしまうのは理解できるので、私は適正価格だと思います。サイズもこの2サイズで十分なラインナップだと思います。
普段ペーパーフィルターでドリップしているお客様からすれば、ゴールドフィルターでの抽出は難しいと感じていらっしゃる方も多いと思うのですが、実際にペーパーと比較すると『coresゴールドフィルター』での抽出は難しいのでしょうか?
今までペーパーを使用していた方が使うと湯の抜けるスピードが全然違うので、使い始めてしばらくは、投入する湯量の調節に慣れるのが少し難しいかもしれませんね。

挽き加減は
中挽き〜中粗挽きが
おすすめです。

その他ゴールドフィルターのマイナスポイントなどもしあれば聞かせてください。
欠点を上げるとすれば、金属フィルターだから仕方がないことですが、微粉が出てしまうことですかね。
『coresゴールドフィルター』でドリップする際、豆の煎り加減や挽き具合など注意している点はありますか?
丸山珈琲で販売しているコーヒー豆の中では中煎り~深煎りのものが良いと思います。挽き加減は中挽き~中粗挽きがおすすめです。ですが、あくまでも個々人のお好みですので、焙煎の程度や挽き加減は色々と試してみたらいいと思います。
次のページ:
コレスゴールドフィルターと丸山珈琲の今後の展望とは?
Page
1
2
3


Online Shop
「今よりちょっとハッピーに、
今よりちょっと快適になる」
coresの商品をお買い求めのお客様はこちらで商品のご購入ができます。